宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

一物四価について

久々の更新となりました。
営業の中井でございます。

本日は不動産の”評価基準”についてのお話です。
皆さんは、1つの土地に4つの価格が存在することをご存知ですか?

不動産には様々な評価基準があります。
同じ1つの土地でも、4つの価格が存在することを一物四価(いちぶつよんか)と言います。

1.実勢価格
2.公示価格
3.相続税評価額(路線価)
4.固定資産税評価額

これらは評価する機関が異なり、それぞれの視点で評価していることと、
それぞれ目的が異なっているので、用途により使い分けることが必要です。

1.実勢価格
不動産の「時価」のことで、実際に取引されている価格のことです。
売主と買主の需要が釣りあった価格で、取引事例がない場合は近隣の取引を参考にする場合もあります。

2.公示価格
地価公示法に基づき、国土交通省が一般土地取引の指標とするため、毎年1月1日時点における土地の評価額です。
この公示地価は、一般的には土地取引に最も影響がある指標と言われています。

3.相続税評価額(路線価)
国税庁が、相続税、贈与税の課税のため、毎年1回、1月1日時点における評価額を公表します。
公示地価の8割を目安にしており、税務署や国税局、これらのインターネットで閲覧することができます。

4.固定資産税評価額
固定資産税等の課税のため、3年に1回、各自治体が公表します。公示地価の7割が目安となっています。

※実際の売却価格は、最終的には売主と買主の双方が合意する価格で成立しますので、
必ずしも相場の価格と同じとは限りません。

転勤や転職、お住み替え、住宅ローンの返済が困難になった、離婚、相続など
ご自宅売却の理由は様々です。
共通しているのは、少しでも高く売りたい!という事でしょう。
しかし、不動産は全く同じものはなく、相場は市場価格によって常に変動しています。
そのため、1つの情報で相場を判断することはなかなか難しく、総合的に判断することが必要となってきます。

自分の土地の相場はいくらくらいか事前に調べたい!
そんな時はぜひ、上記4つの評価基準を参考にしてみてください。

仲介会社を通して売却を検討されている方は是非当社にご相談ください!
当社では「直接買取」のため仲介手数料はいただきません!

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-nakai.png
  • 中井 豊
  • 建築営業部長

弊社の買取価格が高い理由は、隠れた価値を見逃さない不動産鑑定力にあります。
宇治市内にある、直営3店舗の販売力の高さもその理由の1つです。
他社と買取価格を比較された場合には、多くのお客様が弊社をお選びいただいております。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!