宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

不動産売却のベストなタイミングはいつ?節税を考えた売却をおこなおう

不動産売却をおこなう際、損をしないように税金のルールや特例を知っておくことが大切です。

タイミングを計れば節税にもつながり、満足のいく不動産売却がおこなえるでしょう。

今回は物件を売りたい方に向けて、特例による節税を考えた不動産売却のタイミングをご紹介したいと思います。

不動産売却を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

・不動産売却は税金の特例が適用されるタイミングがオススメ

不動産売却は、税金の特例が適用されるタイミングでおこなうことをオススメします。

不動産売却で税金が発生するのは売却利益(譲渡所得)がでたときで、所得税と住民税、復興特別所得税です。

それぞれの税金は譲渡所得に税率をかけて算出しますが、1月1日時点での所有期間が5年を超えている場合は長期譲渡所得として、所得税率が15%、住民税率が5%と決まっています。

5年未満の場合は短期譲渡所得として所得税率が30%、住民税率は9%です。

所有期間が5年以上の不動産の方が税金面ではメリットがありますが、特例制度が適用されなくなるケースや固定資産税などの維持費もかかるなどのデメリットもあります。

しかし、売却したい不動産が住居用財産(マイホーム)に該当すると、3,000万円の特別控除を利用できます。

控除後の譲渡所得がプラスにならなければ税金は発生しませんので、ぜひこの特例を活用してください。

その不動産が空き家の場合でも、引っ越ししてから3年後の年末までに売却すれば住居用財産として認められるので、該当するかどうかチェックしてみましょう。

また、買い替えによる売却には、「特定の住居用財産の買い替え特例」が適用されます。

売却金額より、新居を取得した金額の方が高い場合は課税されないという制度です。

 

・不動産売却のタイミングがベストでも住宅ローン控除との併用は不可!

節税するために不動産売却のタイミングを見計らい、上記の特例が適用されると、住宅ローン控除の利用ができなくなります。

住宅ローン控除とは10年以上の返済期間で住宅ローンを組んだ際、一定の期間、所得税から決まった金額が控除される制度です。

売却利益がでた際は、特例か住宅ローン控除のどちらかしかえらべないので注意しましょう。

ただし節税の効果は住宅ローン控除の方が多いので、ほとんどの方が住宅ローン控除をえらびます。

 

まとめ

物件を売りたい方に向けて、特例による節税を考えた不動産売却のタイミングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

各種の特例を上手に利用し、不動産売却における税金負担の回避をおこないましょう。

私たちクラッセ住宅販売では、京都市を始め不動産の買取を行っております。

不動産買取でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

 

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2021/10/伴さん_丸.png
  • 伴 尚幸
  • ハウスアドバイザー/ 宅地建物取引士 / 損害保険募集人

お客様のお住まいに対するご要望や夢をしっかりとよく聴くということを常に心がけています。
こちらからの一方的なご提案ではなく、お客様のご要望や夢に寄り添い、お客様にとってベストなご提案をさせて頂きます。
お住まいに対するご要望や夢をお聞かせ下さい!

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!