宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

良い不動産業者の見極め方

家やマンション、土地などの不動産を売却しようと思った時は不動産業者に頼る方法が一般的ですが……
数は少なくなってきているものの、まだまだ世の中には悪徳な不動産業者がいるのは事実。
「不動産屋ってなんか怖いイメージ」
「騙されたりしないかな……」
「できるだけ高く売りたい。買い叩かれたら嫌だなあ」
「信頼できる不動産業者ってどうやって選ぶの?」
不動産業者と取引するにあたり、こんな疑問がたくさん浮かんでくると思います。
不動産は高額なので、精神的にも金額的にも、トラブルになったときのダメージは大きいです。
悪徳な不動産業者に、大切な不動産を安く売却・買取されてしまわないため、そしてトラブルを避け、安心した売却につながるよう、不動産業者と契約する前にある程度の知識を入れておくことが大切です。
買取は不動産業者が物件を買い取ったあとに転売するケースがほとんどなので、相場価格以下での買取が基本です。
ただ、その際に「どうせ相場価格が分からないだろう」と相場を遥かに下回る金額で買い取ろうとする業者はまだまだ存在します。
「競売価格以上では売れないから」
「今ならこの値段が出せる」
など売主を煽るような言葉で、相場より低い金額での買取を促すこともあるということを知っておくべきです。
仲介ではなく買取を選択する売主は「早く売りたい」と急いでいる方が多いのですが、だからといって相場を知らないまま取引することはとても危険です。
・「早く売らないと」価格は暴落する
・当社なら「絶対」この価格で売れます
・当社は「独自の」販売網があります。
このように、過度に売主を煽り媒介契約を結ぼうとする不動産業者は良い業者とは言えません。
これらの言葉がすべて嘘ではないはずですが、上記の発言を耳にしたときは必ずその根拠を共に確認するようにしましょう。
いつまでに売りたいのか、なぜ売りたいのか、売主の意志や方向性をきちんと確認し、それに沿って売却活動を一緒に併走してくれる不動産業者が本当に良い会社さんです。
また、物件の販売を開始してからすぐに値下げの相談を持ちかけてくるところも注意が必要です。
(物件を預かった時点からすでに値下げを想定していた可能性が高い)
売主と不動産業者との媒介契約は最長で3ヶ月です。
3ヶ月で売れなければ媒介契約は切れますから、慌てずに、そして全てを任せるのではなく、契約後も不動産業者の売却活動に目を光らせていることが大切です。
弊社は、まず初めにお客様のご売却理由をお聞かせいただき、お客様の立場に立ってメリットはもちろんデメリットも隠さずにお伝えし、適正な査定額をご提示させていただきしっかりとご納得していただいた上で買取契約をさせていただきますので、ご安心頂ければと思います。
様々なご売却理由がおありかと思いますが、宇治市、城陽市のご売却に関する事なら何でも、まずは弊社にお気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-oumi.png
  • 近江 ともよ
  • ハウスアドバイザー/ 損害保険募集人

不動産取引には、買い手と売り手、2種類の立場がございます。それぞれに様々な背景があるかとは思いますが、最終的には双方が売ってよかった、買ってよかった、と満足していただける結果に結びつくようなお手伝いをさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!