宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

不動産売却の入金はいつ?売却完了までの流れを知って円滑な売却をおこなおう

不動産売却 買主 ローン

不動産を売却後、売却代金の入金がいつになるのか気になりますよね。

売却代金で住み替え先の新居を購入する場合は、とくに心配になるのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産売却をしたい方々に向けて、売却すると入金はいつなのか・売却の流れはどうなっているのかを詳しく見ていきます。

不動産売却を控えている方はぜひご覧ください。

不動産売却後の入金はいつのタイミングでおこなわれる?

不動産の売却において、売却代金を受け取れるのは一般的に「契約時」と「引き渡し時」です。

売買契約の締結時に、買主から手付金として売買代金の5%から10%を受け取れます。

そして最終的な引き渡し時に、残りの代金を受け取るという流れです。

手付金は、売主と買主で金額を決定できますが、解約手付(買主が一度払った手付金を放棄することで契約を白紙にできる)となるので、あまり少ない金額は設定しないようにしましょう。

買取制度を利用した売却の場合は、契約時に一括で支払われるケースが多く、受け取りたい時期に現金を手に入れることが可能です。

また、売却と住み替えを同じ不動産会社に依頼すれば、よりスムーズな住み替えが期待できるので、信頼できる不動産会社を探してみてください。

不動産売却で引き渡し時の入金がされるまでの流れ

不動産売却から入金の一般的な流れは下記の通りです。

相場を調べ査定依頼する

不動産の売却がきまったら、まずは相場を調べます。

どの程度の金額で販売されているのかをチェックしたら、不動産会社に仲介を依頼しましょう。

不動産会社が物件を見にくる

査定を依頼すると、不動産会社の担当者が物件を見にきます。

日当たりや立地、設備の状態などを踏まえて査定金額を算出し、3カ月以内には結果がでるでしょう。

媒介契約後に売却活動をおこなう

不動産会社と媒介契約を締結し、売却活動にはいります。

不動産会社はポータルサイトやチラシを使って集客をおこなうので、売主は内覧や値引きの対応をおこないます。

売買契約の締結

主が見つかったら次は売買契約の締結です。

権利証、実印、印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)、固定資産税納税通知書、本人確認書類、建築確認済証、設備表など契約に必要な書類を準備しましょう。

引き渡し

住宅ローンの抵当権抹消手続きや所有権移転手続きをし、引き渡しを完了させます。

まとめ

不動産売却をしたい方々に向けて、売却すると入金はいつなのか・売却の流れはどうなっているのかを詳しく見ていきました。

入金のタイミングや売却までの流れを知れば、よりスムーズな不動産売却がおこなえるので、ぜひ覚えておきましょう。

私たちクラッセ住宅販売では、宇治市をはじめとして京都府周辺での不動産の買取を行っております。

不動産買取でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-kamata.png
  • 鎌田 邦康
  • ハウスアドバイザー/住宅ローンアドバイザー/賃貸業務管理士

ご所有資産の良い点を、買取査定金額へ少しでも数字に加算させて頂きます。
他業者の買取金額、一度は私にご提示相談下さいませ。
社内にて、ぜひご検討させて頂きます。
秘密厳守にて買取手続き、安心の現金買取させて頂きます。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!