宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

不動産売却時に知っておきたい買い主の住宅ローン審査

不動産の売却を検討する時、売り主としてチェックしておきたいのが買い主の住宅ローン審査です。

買い主が決まったら、売却に向けてさまざまな準備をしますが、買い主のローン審査や住宅ローン特約に気を付けなければなりません。

では、具体的にどのようなところに注意しなければならないのでしょうか?

住宅ローン審査に関するさまざまな注意点も含めて掘り下げていきます。

 

不動産売却時は買い主の住宅ローンに注意!

 

不動産売却 買主 ローン

不動産を売却する際に現金一括で購入する買い主は少なく、多くの方が住宅ローンを利用するのではないでしょうか。

住宅ローンの仮審査が通ってから契約を結ぶことが一般的ですが、仮審査を通ったのに本審査で落ちてしまった場合、売買契約を白紙に戻す特約が契約書に記載されます。

これが「住宅ローン特約」というもので、審査が通らず住宅の購入が不可能となった場合、売買契約を白紙にでき手付け金も無条件で買い主に返金されるという仕組みです。

住宅ローン特約は契約後に審査が否決となった時に、膨大な借金を背負う買い主のリスクを軽減させるための特約といえます。

 

不動産売却における住宅ローン審査の注意点

 

不動産売却の際、住宅ローン審査に関する注意点として、以下のものが挙げられます。

 

・住宅ローン特約の適用は買い主側のみに適用

 

住宅ローン特約は買い主を保護するための特約なので、売り主には適用されません。

また、不動産売却時におけるローンの結果を待つ時間は売り主にとって不安な時期です。

住宅ローン特約は特約条項の期間を設定して契約書に記載しますが、この期間を最短にしてもらえるよう不動産会社に打診してみましょう。

 

・売り主側から契約解除した場合は違約金が発生してしまう

 

先述した通り住宅ローン特約は買い主を守る特約なので、売り主から契約解除を申し出た場合は違約金が発生します。

売り主側からの契約解除には、手付け金を買い主に返金することにくわえ、違約金を支払うといったリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

 

・特約が適用されると売却するのにまた時間がかかってしまう

 

住宅ローン特約が適用され売買契約が白紙になってしまった場合、売却活動をやり直さなくてはなりません。

無事に売却するためには、買い主のローン審査や特約には特に気を付けるようにしてください。

 

まとめ

 

不動産売却では、買い主のローン審査や住宅ローン特約に注意しながら、売り主側のリスクも知っておくことが大切です。

契約が白紙にならないよう、契約書のチェックもしっかりおこなうようにしましょう。

宇治・城陽・京都で不動産売却をご検討中の方は、私たちクラッセ住宅販売にお任せください。

無料査定を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-nakai.png
  • 中井 豊
  • 建築営業部長

弊社の買取価格が高い理由は、隠れた価値を見逃さない不動産鑑定力にあります。
宇治市内にある、直営3店舗の販売力の高さもその理由の1つです。
他社と買取価格を比較された場合には、多くのお客様が弊社をお選びいただいております。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!