宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

売却しにくい物件とは?売りにくい理由を知り売却につなげよう

売却しにくい物件とは、一般的に平屋や二世帯住宅が当てはまります。

しかしライフスタイルや家族構成の変化により、両者の需要が高まっているのも事実です。

ここではなぜ平屋と二世帯住宅が売却しにくい物件なのか、その理由を解説していきます。

平屋が売却しにくい物件に該当する理由とは?

売却しにくい物件として、まず平屋が挙げられます。

平屋とは1階建ての物件のことで、すべての部屋がワンフロアでつながった間取りです。

平屋は2階建てに比べて居室が少なく、リビングも狭い場合が多いため、家族が多いと住みにくさを感じてしまいます。

とくにお子さまの多いファミリーは、お子さまの数に応じた個室を求める方も多く、平屋では部屋数が足りない場合もあるでしょう。

生活スタイルに合わない間取りだと購入につながらないため、売却しにくい物件といえるのです。

しかし近年は平屋のメリットが見直されつつあり、新築で平屋を建てる方も増えてきました。

たとえば高齢者になると階段の上り下りが大変になるため、2階をほとんど使っていない方も多くいます。

お子さまの独立とともに平屋やマンションなどに住み替えて、住まいをコンパクト化する夫婦も多く、平屋は将来を見据えた家づくりといえるでしょう。

万人受けするような間取りや駅から徒歩圏内の物件、スーパーなどが近接した生活に便利な立地であれば、買い主がすぐに見つかるかもしれません。

売りにくい物件とされる平屋ですが、立地条件や買い主の条件とマッチすれば、スムーズな売却につながります。

二世帯住宅が売却しにくい物件になる理由とは?

平屋のほかに、二世帯住宅も売却しにくい物件とされています。

二世帯住宅とは、親とお子さまといった2つの世帯が生活できる物件のことで、玄関ドアや水回り、リビングなどが世帯ごとに設置されているのが一般的です。

そのため親と同居予定の方や、将来お子さまと一緒に住みたいと考えている方が買い主です。

しかし核家族化や晩婚化により、実際はそのような方はあまり多くありません。

そのため二世帯住宅は売りにくい物件、とされているのです。

しかし中古の二世帯住宅は、新築一戸建てより安い価格で売りに出されている場合があります。

安い価格で広い物件を求めている方にとって、二世帯住宅は魅力的に感じる部分があるでしょう。

まとめ

平屋や二世帯住宅は売りにくい物件と言われることが少なくありません。

しかしそれぞれにメリットもあるため、平屋と二世帯住宅を必要とする買い主がいることも事実です。

売りにくい物件であっても、根気よく売却活動を続けてみましょう。

私たちクラッセ住宅販売では無料査定を行っています。

宇治、城陽、木津川、京都南部エリアで不動産の売却を検討されていましたら、お気軽にご相談ください!

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-kamata.png
  • 鎌田 邦康
  • ハウスアドバイザー/住宅ローンアドバイザー/賃貸業務管理士

ご所有資産の良い点を、買取査定金額へ少しでも数字に加算させて頂きます。
他業者の買取金額、一度は私にご提示相談下さいませ。
社内にて、ぜひご検討させて頂きます。
秘密厳守にて買取手続き、安心の現金買取させて頂きます。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!