宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

空き家を売却するとこんなメリットが!税制優遇を上手に活用しよう

相続などにより手に入れた空き家は、そのままにしておくと税金や維持費などを払わなければなりません。
もし利用する予定のない空き家を持っている場合、売却を検討してみてはいかがでしょうか?
売却で得られるメリットは大きく、税制優遇が受けられる可能性もあります。

空き家を売却するとこんなメリットが!税制優遇を上手に活用しよう

空き家を売却する場合のメリットと税制優遇 空き家を売却するメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

・維持費がかからなくなる

空き家を売却すると、固定資産税やメンテナンスの費用がかからなくなり、経済的な負担が軽減されます。

定期的な掃除や換気などをおこなう必要があり、そういった手間も省くことが可能です。
とくに空き家法により特定空き家(放置され危険な空き家)として指定されてしまうと、小規模住宅用地としての税制優遇を受けられなくなり、高額な税金を支払わなくてはなりません。
また、空き家を売却し利益(譲渡所得)がでると所得税と住民税が発生します。
しかし、相続における空き家の売却には3,000万円の特別控除が適用され、税制優遇を受けられる可能性があります。

売却と空き家の条件(建築された日付や売却金額など)によって異なるので、所有している空き家の状態をチェックしてみてください。

空き家を売却せず放置するデメリットや問題点

空き家のまま放置する問題点として、以下のことが挙げられます。

・放火や侵入のリスク

人の気配がない空き家は、不法侵入のリスクや放火の危険があります。
布団や枯れた草、燃えやすいゴミがある空き家も多く、放火のリスクはとても高いといえるでしょう。
また、人目につきにくい空き家は、侵入され住みつかれることもあります。

・近隣住民へ迷惑がかかる

空き家を放置するとお庭や植栽の手入れがされず、害虫などの被害が近隣住民におよぶ可能性があります。
ゴミが腐り異臭をだしたり、猫が住みつきにおいがでたりすることもあり、これまで良好だったご近所さんとの近隣トラブルを招く恐れもあるのです。

・倒壊の恐れ

メンテナンスがされていない家は、老朽化が進み外壁の落下や建物が倒壊する可能性があります。
人に被害がでて損害賠償責任を負うことになれば後悔してもしきれません。
倒壊は、空き家を放置する大きな問題点といえるでしょう。

まとめ

空き家を売却するメリットや税制優遇、放置する問題点をご紹介しましたがいかがでしたか? 空き家を放置するリスクは思っている以上に高いため、できるだけ早く売却するのが得策です
うまくいけば現金に換えることも可能なので、ぜひ売却を検討してみてください。
宇治・城陽・京都で不動産売却をご検討中の方は、私たちクラッセ住宅販売にお任せください。 無料査定を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-nakai.png
  • 中井 豊
  • 建築営業部長

弊社の買取価格が高い理由は、隠れた価値を見逃さない不動産鑑定力にあります。
宇治市内にある、直営3店舗の販売力の高さもその理由の1つです。
他社と買取価格を比較された場合には、多くのお客様が弊社をお選びいただいております。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!