宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

不動産売却に必要な費用はこれ!安く済ませるための対策やコツ

不動産の売却をしたいけれど、「どの程度の費用がかかるのか分からない」と悩んでいませんか?
不動産という大きなお金が動く売却は、税金や登記費用などさまざまなお金が必要です。
そこで今回は、物件を探す方々に向けて「不動産売却にかかる費用」を詳しくご説明します。

不動産売却の際に必要になる費用の一覧


不動産売却に必要な主な費用は、一般費用と税金です。
費用の一覧として以下のようなお金がかかるので覚えておきましょう。

不動産会社への費用(仲介手数料)

売却活動をおこなってくれた不動産会社に対し、売却が成功したら仲介手数料を支払います。
広告宣伝費など仲介業務をおこなうための手数料で、宅地建物取引業法で定められている費用です。

売買契約書にかかる印紙税

不動産売却に締結する売買契約書には、売却金額に応じて税金がかかります。
現金で納めるのではなく、契約書に印紙を貼り付けて納税します。

不動産登記費用

不動産の登記や抵当権抹消時にもお金が必要です。
一般的には司法書士に依頼し、その報酬を払います。

測量費用や解体費用

不動産の売却をおこなうとき、最近は境界線を明確にしてから売買をおこなうケースが増えてきました。
境界確定のための測量費用は、一般的に売主の負担となるので注意しましょう。
また、建物が古ければ、解体が必要になるケースもあります。

引っ越し費用

売主は引き渡しまでのあいだに、新居への引っ越しが必要です。

リフォームやハウスクリーニング費用

築年数や状態によって、リフォームやハウスクリーニングをしたほうが早期の売却を見込めるかもしれません。
壁や床、水回りなど傷みが目立つところはリフォームを検討してみてください。

まとめ

物件を探す方々に向け、不動産売却にかかる費用を詳しく見ていきました。
意外に多くの費用がかかる不動産売却ですが、控除や適した不動産会社選びでコストを削減できるかもしれません。
上記のコツを抑え、スムーズかつ満足のいく不動産売却をおこなってください。

京都市・宇治エリアで不動産の売却を検討されていましたら、無料査定を行っているクラッセ住宅販売までご相談ください!

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-nakai.png
  • 中井 豊
  • 建築営業部長

弊社の買取価格が高い理由は、隠れた価値を見逃さない不動産鑑定力にあります。
宇治市内にある、直営3店舗の販売力の高さもその理由の1つです。
他社と買取価格を比較された場合には、多くのお客様が弊社をお選びいただいております。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!