宇治・城陽・京都 の 不動産買取

ブログ

不動産売却で起こりうるトラブル例とその解決策とは?

不動産売却は大きなお金が動く取引のため、トラブルが起こることもあります。

もしトラブルに発展したときに、どのような対策をすればよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では不動産売却で起こりうるトラブル例とその解決策を見ていこうと思います。

 

不動産売却におけるトラブル例

 

不動産売却 トラブル

不動産売却で起こる可能性のあるトラブルとして、以下の例が挙げられます。

・境界線のトラブル

境界線とは隣地との境を明確にしたもので、売却前にチェックしておくのが一般的です。

昔は境界をブロックで分けることがほとんどでしたが、境界の真ん中に置かれたブロックは、どちらのものなのかがはっきりわかりません。

「共有のもの」とお互いが納得すればよいのですが、あいまいな状態で売却すると、場合によってはトラブルにつながるので注意しましょう。

・契約キャンセル

契約締結後、白紙にしたいなどといった契約に関するトラブル例もあります。

一度締結した契約を解除するためには違約金が必要ですが、裁判につながるような大きなトラブルになるケースも少なくありません。

・瑕疵担保責任に関するトラブル

売却後に雨漏りなどの隠れた不具合があった際、特約で瑕疵担保責任期間内であれば売主が修繕費用を負担するのが一般的です。

瑕疵担保責任に関するトラブルは、売主が売却前に知っていた瑕疵を買主に告知していない場合に多く見られます。

 

不動産売却時のトラブル解決策

不動産売却 トラブル

不動産売却時のトラブルを防ぐためには、契約書の内容をしっかり理解し、お互いに不明点がなくなってから契約を結びましょう。

契約解除の条件や境界、瑕疵担保責任に関する内容も、「言った・言わない」というトラブルを避けるためにすべて書面に残しておくのがポイントです。

また、信頼できる不動産屋を見つけるのもトラブル回避につながります。

売却に強く、不動産売却についての知識や実績が多いところを選ぶのが得策です。

それでもトラブルに巻き込まれてしまった場合は、「消費生活センター」や「全日本不動産協会」などの相談窓口に連絡をして指示を仰いでください。

登記に関するトラブルは、土地家屋調査士や司法書士などの専門家に依頼すると、解決策を提案してくれるかもしれません。

まとめ

不動産売却時は、思わぬトラブルに巻き込まれることがありますが、未然に防ぐための対策があるのでぜひ実行してください。

売主と買主、双方が気持ちの良い取引となるよう、十分なコミュニケーションを心がけるのが大切です。

宇治・城陽・京都で不動産売却をご検討中の方は、私たちクラッセ住宅販売にお任せください。

無料査定を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いたスタッフ

https://kaitori.classe-corporation.com/wp-content/uploads/2019/10/staff-nakai.png
  • 中井 豊
  • 建築営業部長

弊社の買取価格が高い理由は、隠れた価値を見逃さない不動産鑑定力にあります。
宇治市内にある、直営3店舗の販売力の高さもその理由の1つです。
他社と買取価格を比較された場合には、多くのお客様が弊社をお選びいただいております。

新型コロナウイルス感染症における対応について

ご相談・査定無料

土地・不動産の買取は
CLASSE Corporation にご相談ください!